水のみ健康法は”先人の知恵”  

   命をはぐくむ水・・・。 水には計り知れない力があります。

    がないと食物を栄養に変えることができません。
    また、水が潤沢にないと老廃物を排泄することに支障が起こります。
   水を正しく飲む習慣で原理原則の健康管理
をしましょう。

      ”水を正しく飲む習慣をつけるだけでも病気や老化のリスクは下がります。”

コップ1杯の水は宝の水 水を飲む時最も大切なことは回数を多くすることです。
水分摂取による体調調整法は”水をこまめに分けて飲む”ことです。
それは体内の水分量の急激な変化を防ぎ血液がどろどろにならずに余裕のある体でいられる健康の大切な条件の一つです。

一度に大量の水分が入って来ても身体の保水量は変わりません。
それどころか大量に飲むと大量の排泄が起こり大切なミネラル分も多く排泄しかねないのです。さらにそれにともない筋肉疲労が起こりやすくなります。

を生で飲む習慣があまりない方は最初大変でしょうが、習慣になると糖分の多い缶やペットボトルの飲料などあまり欲しくなくなりますし、糖分の多く入った清涼飲料水を必要以上に望まなくなることでいろんな病気の予防にもつながります。
悪いことはほとんどありません。(お医者様の指示で水分の摂取制限をされている方や病気によって制限をされている方はご注意を。)

体的にはコップ1杯(およそ180cc〜200cc)ぐらいの水をゆっくり味わいながらお飲み下さい。間隔は30分から1時間に1杯が適当です。できれば生水に近いものがベスト。この習慣で起きている間におよそ2リットル近い水分を補給できます。

道水は厳格に管理されていますのでペットボトルより安心です。ただ塩素臭が気になる方は5分以上煮沸したものを適温で飲むか、レモンをたらしても臭いは消えます。できれば浄水器で最低限塩素は除去しましょう。浄水場からあなたの家庭の蛇口までは法律があり一定濃度が必要ですが、酸化物なので蛇口から先は不要です。身体にももちろん不要です。


度言います。一度にたくさん飲んでも吸収されません。
のどが渇きを覚える前に水分補給の習慣をつけましょう。そして自分が必要だと思う量より少し多めに飲みましょう。
精巧なしくみの人間の身体ですがのどの渇きを訴える仕組みはその中でも出来が悪いのです。身体の水分補給はのどが渇きを伝えたときは遅いのです。
「賢い水の飲み方があなたの大切な健康に貢献する」でしょう。

 血性疾患※1予防のためには寝る前にコップ1杯のみ、もし夜目が覚めたらまた1杯のみ、朝起きたら目覚めの1杯・・・これ※2が身体にとてもよいのです。
夜お手洗いにゆきたくないために水分補給を我慢される方がいますが、健康のためには潤沢な排尿、排便が必要です。面倒がらないことがあなたの幸せにつながります。

脳卒中のうち脳梗塞は40%が水分不足で起こります。 心筋梗塞、脳梗塞などの虚血性疾患は一旦発作が起こると命が助かってもその病状の回復は大変困難です。多くの場合半身不随などでその後の人生が大きく変わります。自分だけの負担ではなく介護する人の人生まで変化することになります。

水で後悔しないために簡単安上がり”水のみ健康法”で予防してください。

※1 虚血性疾患とは脳卒中や心筋梗塞のような血管が破れる、つまる血管系の疾患のことです。
    脳卒中とは脳出血と脳梗塞の総称です。
    "卒然として風に中(あた)る"からその名はきています。それで昔は中風と言われました。

※2 寝る前に飲む水と、起床してから飲む水は”宝水”と言われていて水分不足による障害を
    防ぐことができます。漢方では水のことを”免疫”とも言うようですが、水分が不足した
    身体の免疫系は十分な力をだせません。身体の防衛力を上げるためにも水の適切な摂取
    の習慣が大切です。

※3 水毒という言葉を気にする方がいますが、身体の中の水の分布バランスが悪いということであり
    水に責任はありません。本質的に栄養バランスの悪さや老廃物の排泄力が低下してるための
    現象のように思います。身体の栄養の吸収や老廃物のすばやい排泄には水が不可欠なので
    根拠のない水分摂取制限に惑わされないようにしてください。ただしどの種類の水を選択するか
    ということは真剣に考える必要があります。水分制限よりもまずは食事バランスなど環境の見直
    しを行って身体のバランスを整えましょう。ミネラル、ビタミン、糖質、脂質、たんぱく質を適切に
    摂取してください。

※4 アクアポリン(水の穴)というたんぱく質のトンネルが細胞膜に発見されています。
    イオン化された水しか通過できないという選択的な通り道です。
    研究が行われていますので、どの水を選ぶかの知識にはものさしになりそうです。

    アクアポリンの発見で「ノーベル賞受賞」イオン化した水が細胞を・・・ 続きを読む >>

    身体の中の水の出納「水と健康講座」良い水を飲まないと・・・続きを読む >>



命を育む水・・・、その水の選び方しだいで
あなたの健康が左右されるとしたら・・・


還元水で食材を洗うとどうなるのか?


ご愛用者のFC東京様、一般の主婦の方の感想、
花岡先生がIP理論(イオン積理論)をやさしく解説
水の種類 ・・・ 生で飲み続ける水の選択
あなたはどの水を飲んでいますか?
そして、どの水を選びますか?

1.自然水
2.水道水
3.浄水器の水(軟水器の水)
4.ペットボトルの水
5.逆浸透膜器の水
6.磁気水生成器の水
7.電子水生成器の水
8.アルカリイオン水の水
9.電解還元水生成器の水


※8,9は医療機器認証
※電解機能水は溶質論ではなく溶媒論です。


あなたの知らない水情報が満載!正しい水選びがあなたの健康を守ります。


                    水と健康/電解還元水専門の優商